人工授精について知り、妊娠しやすい体になろう。

自分に合う医院を選ぶ

薬を飲む

人工授精とは、不妊治療の一つです。不妊治療にはさまざまな種類がありますが、人工授精とは特別な器具を使って男性から摂取した精子を女性の卵子に送り込むことによって受精をさせるという自然妊娠に近い方法です。 人工授精を行う上での注意点は、あらかじめしっかりした検査やカウンセリングを行うことによって排卵日をしっかり把握することが不可欠です。男性の方は何日か禁欲をして質のいい運動量のおい精子を送り込めるようにすることです。女性は、人工授精が成功するよう、身体を冷やしたり無理な運動をしないようにすることも必要です。 料金も、クリニックによって違いますので、治療方針や料金など納得できるクリニックを選んで治療をすることが必要です。

人工授精とは、男性から精子を採取し女性の子宮内に注入するという方法です。先進的な治療を行うクリニックではあらかじめ精子を採取した後検査にて運動量の多いものを選別するというやり方で成功率を上げているところもあります。 男性の精子の運動量が少なくて妊娠に至らない人や、勃起障害がある人でも妊娠の可能性があり、比較的低リスクな方法です。ですが、その妊娠率は決して高くはなく、5パーセントから10パーセントほどだといわれています。 そのため、人工授精を何度か試してみて成功しない場合は、体外受精や顕微授精など、高度生殖医療という新たなステップに進むことも考えなければなりません。納得のいく診療方針と出会うことが必要です。